パグとの別れ  

2008年5月5日(月)のこと

この日、家族の一員であるパグが天国へ旅立ちました

このブログを始めるにあたり、まず自己紹介としてパグとの出会い
を書いたのですが、長年の思い出は そう簡単に書き切れるわけもなく
来夢中心のブログということもあり、悲しいことは省きスタートしました

でも、生きていれば必ず別れは来るもの
備忘録として この記事を書きたいと思います


17歳を迎えても、朝晩2回のお散歩&食欲旺盛で元気なパグ
20歳まで元気そうだねとギネス級の長寿だと思っていました

病が訪れたのは突然で……
いつもと違う様子が見受けられ病院を受診し、悪性腫瘍が発覚
年齢や転移していることを考えると、手術の選択肢はない状態でした

とにかく賢くて穏やかで人間のようだったパグ
正直、こんなにもイイ子がって神様を憎みました


闘病生活は長期に渡り、最後の3ヶ月くらいは寝たきりとなりました

食事・水分・お薬等の口にするものは全て注入器で、トイレはおむつ

徐々に蝕まれていく体は自由が利かず、あちこち痛かっただろうに…
自力でトイレへ行こうと もがく姿や、あまりにも苦しそうに放つ奇声
生きていて欲しい気持ちと、もう頑張らなくていいんだよって気持ち

何もしてあげられない歯痒さと、ただただ可哀想で胸が苦しい日々でした

亡くなる3週間ほど前に撮った 生前最後の写真

パグ_4

この写真を目にすると、色々な感情が込み上げ自然と涙が溢れます

お利口さん過ぎるから… 苦しくても、頑張り過ぎるくらい頑張ってた
一生懸命生きるパグの姿は、悲しみ以外にも色々と感じさせてくれます


パグの最期は、1番大好きだったママさんの腕の中

いつものように注入器で食事・水分・お薬をあげている時でした
気付くまで ほんの少し時間がかかるくらい… 静かに逝ってしまいました

大好きなパグの匂いも体温も全て感じられなくなってしまい
現実逃避しながらも、別れを実感せずにはいられませんでした

自分が子供の頃から、ずっと一緒に育ってきた家族

悲しみの中、パグをちゃんと見送らなければという気持ちで火葬場探し

人と同じように見届けたいと思い 見つけたのがペット火葬板橋
こちらは戸田葬祭場の敷地内に隣接していて、対応も丁寧でした

普段忙しくしている兄たちも、この日ばかりは即予定を調整し
家族全員で立会い、パグを天国へと見送ることが出来ました


実は、パグは今も我が家で眠っています
来夢にその時がきたら 寂しがり屋の2人(匹)だから、仲良く…と思って

兄②がお別れの前に、パグの被毛を一部カットしたのですが
我が家にとっては宝物のような 形見の1つとなっています

パグ_5


最期の最期まで、一生懸命生き抜いたパグ
人生を全うしたその姿を永遠に忘れることはないでしょう

パグ_6

我が家の家族になってくれて 本当にありがとうね




スポンサーサイト

Posted on 2016/04/27 Wed. 19:30 [edit]

category: パグ

コメント

読んでたら涙が止まりません!
パグはこんなにも愛されていて幸せ者ですね!
いろいろ考えてしまいました。
大切にたくさん愛してやります!
家族だし、大切だから少しでも長生きしてもらいたいですよね!

URL | パグ雄 #-
2016/04/27 23:12 | edit

☞パグ雄さん

コメントありがとうございます!!

私もこの記事を書きながら、久々に涙が止まらなくなってしまい
色々と鮮明に思い出しながら中断を繰り返し…書き終えましたi-76
飼い主が先にいなくなってしまうとワンコが悲しむので
自分自身の事にも気を付けながら、日々愛情を注いであげなきゃですよね

私が小・中学校の時の運動会で、徒競走やら二人三脚やら必死の時に
カメラ撮影に奮闘するママさんの横で、いつもパグが一緒に応援してくれてました(笑)
子供だからこその思い出もたくさんあって懐かしいです

きっと、これから成長を共にするパグ雄くん&ベビちゃんにも
パパ&ママさんと一緒に、素敵な思い出がいっぱいですねi-179

URL | ライ麦 #-
2016/04/28 00:29 | edit

こんにちは。
先代のパグくん、18才まで生きられたんですね。
憎き病・・・
年齢や転移・・・長期の闘病生活・・・
ちょっとチョコに重ねてしまいます。
何もしてあげられない歯痒いさ、わかります。

パグって本当に人間みたいですね。
いてくれるだけでいいって今は思います。

最期はママ様の腕の中で・・・
パグくん幸せでしたね。
私もそれが理想なんです。
だから仕事を辞めて、倒れてからは24時間ずっと一緒にいます。
絶対一人ではいかせたくないんです。

すべての内容が心にしみて、同じパグくんだし、涙か止まりません。

いつか訪れるんですよね・・・
パグくんと同じ年まで頑張れたらあと7年一緒にいられる・・・

気のきいたお悔やみが言えなくてすみません。
読ませていただいてあらためて命の大切さ、愛情を感じることができました。

URL | チョコ #-
2016/04/28 16:16 | edit

☞チョコさん

コメントありがとうございます!!

人も動物も勝てない病はあるから…こればかりは運命ですよね…

当時は私も忙しくて、ママさんもバリバリ働いていましたが
パグの看病のため仕事をセーブしました
自分の予定だったり都合だったり、そんなことよりも
どんな時でも どちらかが必ずパグと一緒に居られる状況にしてました

出来ることなんて何もないのだけれど、絶対に1人にはしたくなかったし
1人にさせられるような状態ではなかったです

家族全員『最期がママの腕の中で良かった』と口を揃えて言いました
痛くて苦しい日々だったと思うけれど、1番大好きな人に抱かれて旅立ったのは
パグにとっても私達にとっても、幸せなことだったのかなって…


なので チョコくんのために今の過ごし方をしているの、よくわかります
一緒のお布団で寝たり、チョコくんの様子を見ながらお散歩に連れて行ったり
普段の生活をとても大切にされているのを、ブログからも感じられます

チョコくん、まだまだ元気i-86 また今度、幸手で遊ぼうねi-179

URL | ライ麦 #-
2016/04/28 22:43 | edit

読んでいてグッと来ちゃいました
病気で今まで出来ていたことが出来なくなるのは本人(犬)も家族も辛かったでしょう

来夢君とも素敵な思い出たくさん作っていきましょうね(またえびたとも遊びましょう)

URL | えびた #-
2016/04/29 22:11 | edit

☞えびたさん

コメントありがとうございます!!

頑張り屋さんだったので…自由が利かなくなることは
本人が1番悔しくて辛かったんだと思います

そんな中でも、大好きな日向ぼっこをさせてあげたくて
ママさんお手製のベビーカーで外へ連れて行くと
嬉しそうに暖かい日差しを浴びている姿が思い出に残っています

来夢とは、パグにしてあげられなかったことも含め
色々な思い出を作っていきたいですi-179 (是非、また遊んでくださいね)

URL | ライ麦 #-
2016/04/30 02:25 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lovepug3150.blog.fc2.com/tb.php/69-ff238e9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カレンダー

ランキング

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

ブロとも申請フォーム