FC2ブログ

来夢、確定診断の時  

2019年4月5日(金)のこと

検査のため、大学病院を訪れたのが 約3週間前

想定外の緊急入院や手術を経て、時は過ぎ
やっと 来夢の確定診断を受ける日がきました

今回は 手術で摘出した腫瘤を検査へ回したので
可能性ではなく、確かな お話が聞けます


来夢) ボク、お留守番したいな …ウトウト

20190405_2.jpg


心の準備と身支度を済ませ… いざ、出発

まずは、問診と経過観察のための簡単な検査

2日と3日に下痢をし、デルクリアーを1/2錠 服用
4日の2:30頃には嘔吐したこと等を伝え… お預け

検査の所要時間は 1時間くらい

ということで、以前 ねぇちゃんが寂しく過ごした
構内にあるレストランへ行き ママさんとランチ


食べ終えた頃、ちょうど時間になり待合室へ

少しして呼ばれ… ハッスル来夢と再会

この日の定期検査では、再発や転移等なく良好

下痢は フードを変えたりしてた影響と思われ
病気が悪さして起きたわけではないとのこと


続いて、本題である 確定診断についてのお話

 病名は 消化器型リンパ腫 で確定


 リンパ腫とは 
 
リンパ球という体の中の免疫細胞が腫瘍化したもの
リンパ球は もともと体中を巡っている細胞なので
リンパ腫は 体の中のどこにでも発生しうる腫瘍

また、1ヶ所にリンパ腫が発生した場合であっても
発見された時点では 全身性に細胞が回っている状態


 種類と割合と症状 
20190405_3.png


さらに大細胞という高グレードであると判明

簡単に言うと… 悪性度が非常に高い癌細胞が
リンパを通して全身にめぐっている状態です


手術して、今は目に見える腫瘍がなくなったけど
細胞レベルで 来夢の体は病魔に冒されている

いつ再発や転移が起きても、おかしくない病気

そのスピードは かなり早いのが特徴のようで
元気に過ごせていても、あっという間に蝕まれ
現代の動物医療では… 明確な治療法がないという

これが、来夢に下された診断となりました


分かっていたけれど… 改めて突きつけられると
不覚にも 先生方の前で涙してしまいました


次に、今後の治療方針についてのお話

選択肢としては

抗がん剤治療(化学療法)を する or しない

する を選択しても、しない を選択しても
その先には 色々な選択が枝分かれしてます

20190405_1.jpg


治る希望が持てるなら、やるべきだと思う

でもね、そうではないから… どちらかというと
延命治療というイメージになってしまうのかな

簡単に決められないので、その場で結論出せず

1週間後に、また経過観察で病院へ行くため
我が家の方針は それまでにまとめると答えました


そして、余命についてのお話

腫瘍を専門としている 内科の担当医が
何千と診てきた経験や知識に基づく説明として

来夢と同じ 消化器型 のケースだと

(抗がん剤治療) しない場合 ➡ 1ヶ月程度

(抗がん剤治療) した場合  ➡ 平均 2ヶ月

ただ、抗がん剤治療をしたとしても
 1ヶ月 生きられなかったコもいれば
 長くて6ヶ月 生きられたコもいたそう


型が違えば、年単位で生きられるコがいるのに
残念というか 何というか… ショックですね

余命のカウントは 診断を受けた日(4月5日)から

地元病院で色々聞いてたし、自分でも調べたので
気持ちは整理できてたけど… やっぱツライね


帰りの車中、ねぇちゃんは運転中にも関わらず
時折 涙で視界が悪くなったのを覚えています

また、正解のない選択を考える日々

泣かない日は来るのだろうか と思うほど
一人隠れてメソメソして 顔がムクムクに

再び、厳しい現実を受け止める1日でした




スポンサーサイト

Posted on 2019/05/14 Tue. 20:15 [edit]

category: 病院

プロフィール

最新記事

最新コメント

カレンダー

ランキング

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

ブロとも申請フォーム