パグのべティちゃん… 幸せを掴んだ先に  

多くの方々が応援し、このブログでも紹介したべティちゃん

その時に書いた記事はこちら
パグのべティちゃん… 幸せを願って
パグのべティちゃん… 家族探しへ


その後、幸せ切符を掴んだかのように思えたべティちゃん
リラックスした様子で、自分のことのように嬉しかったのに

【パグのベティちゃん】とびきり幸せな正式譲渡になりました


ホっとしたのも束の間……

ボランティアさんの元に戻ったと知りビックリ

しかも、入院が必要な程 可哀想な状態でというから
何が起きたんだろうと、再び心配な気持ちになりました

【ベティちゃん ごめんなさい!】入院とお帰りなさい


当事者ではないので、詳細な理由や経緯は分かりません

でも、べティちゃんが体調を崩してしまったことや
里親となったハズが、本当の家族になれなかったことは事実

どのような相違があったにせよ、残念でなりません

辛くて痛くて悲しい生き方を強いられてきたべティちゃん

その分、優しさに包まれ 愛情に満ち溢れ
一生を共にできる家族に迎え入れてほしかったなぁ

今は、べティちゃんの健康回復を願いたいと思います




スポンサーサイト

Posted on 2017/03/23 Thu. 19:20 [edit]

category: その他

パグのべティちゃん… 家族探しへ  

先日アップした、パグのべティちゃんについて
その記事はコチラパグのべティちゃん… 幸せを願って


とても痛ましく、残酷な境遇で生きてきたべティちゃんでしたが
保護団体の方にレスキューされ… 大手術を乗り越えて…

ついに、根治したもようです

あんなに怯えた表情で、悲しい目をしていたコが
今では、別犬のように 元気になったそうで安堵しました


そして、これからべティちゃんの家族探しが始まります

我が家も 名乗りをあげたい気持ちは山々ですが
お留守番は必須になるし、色々考えたけれど 正直難しい

なので、愛情が溢れ出すくらいの… 幸せを与えてくれる…
素敵な人に迎え入れてほしいと、陰ながら願うばかりです

パグのベティちゃん頑張りました!退院させて頂きました
パグのベティちゃんの近況報告です
パグのベティちゃん 抜糸に臨むも!誰が何の為に…
パグのベティちゃん 抜糸を終え!! 根治です


もちろん犬種は違えど、辛い犬生を歩んでるコは後を絶ちません

食事ができて・お水が飲めて・お外の景色が見れる
シャンプーや爪切り・病気になれば治療を受ける

当たり前が 当たり前じゃないコたち… すべてのコに願いを




Posted on 2017/02/02 Thu. 02:00 [edit]

category: その他

パグのべティちゃん… 幸せを願って  

先日、またしてもチョコさんのブログを通じて 衝撃を受けました

こんな残酷なことがあってイイのか
こんな恐ろしい人間を 野放しにしてイイのか
こんな現実を知っている人は どの位いるのか


可愛い子犬たちには、当たり前だけど親犬が存在します

しっかりとケアしながら 繁殖を行うブリーダーさんもいれば
べティちゃんのように、普通では考えられない繁殖を強いられ
金儲けのためだけに 命を扱う悪徳業者も少なくありません

正直、ここまで残酷で悲惨な現状… 私も知りませんでした


ペットショップのショーケースに入っているコたち
どのような流通経路で来るのか、皆さん ご存じですか

多くは、ブリーダー 競り(オークション) ペットショップ

このブリーダーの中に、命を命と思わない業者がいるわけです


そもそも、パピーミルの存在をなくすような厳しい管理や
法規制もしくは改正等 できないのでしょうか……

動物虐待が 器物損壊っていうのも、おかしなことですよね 

ちなみに、我が家は 犬舎を見学し親犬の状況を確認した上で
ブリーダーさんから 直接、来夢を譲っていただきました


この記事を読むと、涙が止まらないのと同時に憤慨します
そして、微力でも何か出来ることはないのかと考えさせられます

多くの方に現実を受け止めていただきたいですが
腹内等の画像も含まれますので、自己判断でご覧ください

誰がどんな理由で ベティにこんな痛みを与えたのか!?
誰がどんな理由で ベティにこんな痛みを与えたのか ②
パグのベティちゃん 大手術に耐えてくれました!

べティちゃんを含め、保護されたコたち皆が 里親さんの元で
心も体も傷ついた それまでの時間を忘れられるくらい
愛情いっぱい大切に、幸せな時を過ごしてほしいと切に願います


前回の続き ② は、30日(金)にアップします



Posted on 2016/12/28 Wed. 19:15 [edit]

category: その他

もっと『命』を大切にして  

先日、チョコさんのブログを通して悲しい記事を読みました

今も昔も変わらない問題 犬や猫の殺処分について

罪もない命が、人の手により処分される現実や流れは知っていたものの
実際、その状況を目にしたことがなかったので… 衝撃的でした

なんと言葉に表現していいか分からない気持ちと
最期の時を迎える動物たちの目が、胸を絞めつけます


殺処分のセンターには、飼い主自身が持ち込むケースも少なくないとか

一度、人の手によって育てられたコたち
きっと愛情を知ってしまったに違いないハズ

そのご主人様に捨てられ、悲しみや戸惑いや恐怖の中で
最期を迎えたのかと思うと…… 想像を絶します

個人的には、このような方々や無理なブリーディング等が減らない限り
一向に改善されない問題ではないかと思うと同時に、強い憤りを感じます


子犬を見て可愛いという気持ちだけで
安易に飼い始めてしまうのだけは やめてほしいなぁ

人間同様に、犬や猫だって 若くても病気やケガで
自由が利かなくなる状況に陥ることもあり得るし
生きていれば必ず老いはやってくるし、よく考えて頂きたいです

飼い始めるのは簡単だけど、看取るのは大変なもの


我が家も、本当は来夢に兄弟(2パグ) を迎え入れたかったけれど
正直、仕事・経済面・未来の自分等を色々と考えた中で
多頭飼いは断念し 来夢だけを大切に育てています

20161201.jpg


どうか、人間の身勝手で罪なき命を奪わないで… ただ願うばかりです

これが殺処分の現実です 知らなければいけない真実




Posted on 2016/12/03 Sat. 01:00 [edit]

category: その他

パグ犬って、何者なのさ?  

ちょっとバタバタしていたので、お久しぶりの更新

でも 手持ちの画像を編集する時間がなかったので…
今日はパグ犬について、簡単にMemo書きしたいと思います


我が家はパグ犬との生活が始まって、もうすぐ26年経つのですが
実は、それまでの歴代犬(ねぇちゃんが生まれる前を含む)
シェパード・コリー・秋田犬・雑種… といった大型犬ばかりだったのです

パグ犬は一度飼ってしまうと次に犬を飼う時も絶対パグ
という方が多いらしく、我が家もその一員であります


さて、パグの起源には諸説あり 謎に包まれているってご存知ですか
ただ、ルーツは中国というのはハッキリしています

祖先犬は、顔や皮膚のたるみから マスティフと関係性があり
黒い口吻や鼻ペチャの特徴から ペキニーズとも密接な関係があり
この2つが交配を重ねて小型化され、現在のパグの原形が誕生したとか

ちなみに、日本にパグがやって来たのは昭和30年頃で アメリカからだそう


名前の由来
中国語で「イビキをかいて眠る王様」を意味する覇歌(パー・クー)
ラテン語で「握り拳」を意味するPugnus(パグナス)等から付けられたとか


性格
頭が良く、感受性が豊かで繊細な一面もあります
人の気持ちや言葉を理解する能力が高く、話しかけると集中しようと
頭を傾げる姿はとってもユーモラスで、環境への順応性にも優れています


お散歩
お散歩をしない・お散歩を嫌がる… といったパグさんの話を
けっこうブログで観かけるので、個人的にビックリしました
持病があるコや老犬は仕方ないけれど、お散歩はとても大切なのに…

お散歩=運動と思われがちですが、それだけではないのです
様々な音や匂い・感触に触れることで、心身のリフレッシュや
脳の活性化にもつながると言われています

また、太陽を浴びることは カルシウムの吸収を助けるビタミンDの生成を促し
丈夫な骨作りにも役立つとされています

パグ犬のお散歩は 20~30分を朝夕の2回行えるのが理想的だとか
是非、ワンコにお散歩の楽しさを伝えてあげて欲しいなぁ


病気
角膜潰瘍・壊死性髄膜脳炎(パグ脳炎)・鼻腔狭窄・軟口蓋過長症
膝蓋骨脱臼・皮膚炎・外耳/中耳炎… 等、かかりやすい病気は色々です
日頃から、皮膚のたるみ(鼻の上)・目・歯・耳のケアは忘れずに


寿命
1990年代は平均寿命 8~9歳と言われていましたが、現在は12~15歳
様々なワクチン・工夫されたフード類・動物界の医療… 時代と共に進化ですね


そういえば、4年くらい前にドッグトレーナーさんから聞いたお話ですが
パグ犬は 遺伝子的にオオカミに近い犬種だと言うから、これまたビックリ
鼻ペチャで愛嬌があって 容姿からは想像もできませんでしたが
実は、一歩間違えると凶暴犬ですって…(ペキニーズやシー・ズーもそうらしい)


来夢) そんなことより、ボクは花火とプールが楽しみだ

20150725.jpg
  < 2015/7/25 >

パグ犬って奥深い生き物ですね




Posted on 2016/07/06 Wed. 00:15 [edit]

category: その他

プロフィール

最新記事

最新コメント

カレンダー

ランキング

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

ブロとも申請フォーム