どこでケガしたんだろ?  

2017年4月28日(金)のこと

来夢がヘソ天して、ねぇちゃんがコチョコチョしたり
乳首を10コ(虫が付いたりして増えていないか)数えたり

いつものようにコミュニケーション&ボディチェック中

何やら 左腕の付け根あたりに違和感が


毛を掻き分け よく見てみると、皮膚が赤くなっていて
中心には黒くて固いものがあるではないですか

何じゃ、こりゃ―――

何か虫でも入ったのかな それともケガした

深夜の出来事だったので、翌日病院へGO


診察の結果、虫等の仕業ではなく ケガでした

元々は小さな傷で、そこからバイ菌が入って大きくなったとか

黒くて固かったのは、カサブタになっていたからで
患部を診るために毛を剃られた時に 剥がれて流血

ただ、患部は 普通にケガするような場所ではないし
思い当たる付しがないので… 未だに原因は分からず

20170428_1.jpg


獣医さんの話によると、1週間くらい前ではないかと

ドッグラン行った時かなぁ……

とりあえず、飲み薬と消毒で治療をして
今は ほぼ完治したので、毛が生えれば一件落着

20170428_2.jpg


ちなみに、体重は 12.3kg でした
( せっかく11.5kgまで戻したのに… 最近12kg台が常習化

来夢) 歳を取ったら、治りが遅くなったよ

20170428_3.jpg

久しぶりに病院のお世話になる来夢なのでした




スポンサーサイト

Posted on 2017/05/16 Tue. 22:45 [edit]

category: 病院

保険の更新  

昨年の9月に、来夢は初めて保険に加入しました

間もなく1年が経つので、更新のお知らせが届いたのですが
受診内容を振り返りながら 状況を見直したいと思います


そもそも、先代のパグは保険に入ったことがありませんでした

と言うのも… 時代が違い、ペット保険自体が普及していなかった…
8歳まで病気知らずだったので、通院することもなかったのですが
その後に大手術等を行う事態となり、何かと諭吉さんが飛んで行きました


来夢を迎い入れる時、保険の加入を検討しましたが
ママさんは 実費でイイ派だったので、見送ることにしたのです

我が家は 病院通いする方ではないので、保険に加入して
その分、元を取らなくちゃ的な感じになってしまうのも
返って無駄遣いになるのではないか… と思ったから

で、色々と様子を見ながら4年

来夢は 少し皮膚炎を起こしやすい体質のような感じもしますが
とくに大病もなく、至って健康に過ごしておりました

ただ… ちょっとした手術を行った経緯もあったので
試しに、保険加入してみようかってことになったのです
手術については、追々 記事をアップ予定 )


ねぇちゃんが色々調べた中で、我が家に丁度イイ保険を発見っ

それは…… FPC(エフ・ピー・シー)でございます

保険料の設定がシンプル
補償内容は他社と大差なし
何より保険料が安い(特に一括払い)

一旦 窓口で自己負担した後、郵送で請求書を送るタイプですが
ある程度まとめて送ってるので 手間も切手代も気になりません


では、補償開始日~現在までの受診内容をチェック

'15/11/19  8.910 -
外耳処置・消毒・外用薬の処方等

'16/02/03  7.020 -
外耳処置・目の傷(フルオル)・外用薬の処方等

'16/04/02  8.802 -
外耳処置・細胞診・目の傷(フルオル)・内用/外用薬の処方等

'16/04/10  10.152 -
消毒・病理・内用/外用薬の処方等

'16/05/25  12.312 -
外耳/点眼処置・消毒・フィラリア検査&予防薬・内用/外用薬の処方等

'16/06/09  6.912 -
外耳処置・消毒・内用/外用薬の処方等


保険加入したせいか… 我が家にしては、多いですな

4歳時に加入したので、保険料は16.950円(年間/一括)
満期まで あと2ヶ月弱あるけれど、何となく元を取った模様

5歳と12歳の時に 保険料の設定が変わるのですが
長い目で見てもお安いので、今のところ このまま更新予定


来夢) 保険はもしもの時の 御守りだね 

20160127.jpg
  < 2016/1/27 >

いつまでも健康でありたい来夢なのでした




Posted on 2016/07/14 Thu. 00:00 [edit]

category: 病院

ねぇちゃん、手術をする ⑤  

―― ④からの続き ――

退院から一週間後の12月10日、診察で問題がなかったので
傷の保護テープを剥がすことになり 初めて手術痕を目にしました

正直、小さいとは言え 今までなかった傷が数ヶ所… ショックでした

現在は 4ヶ所ある傷の内、3ヶ所は ほとんど目立ちませんが
とても残念なことに… お臍の左下にある傷だけ…
ケロイド(ミミズ腫れみたいな感じ)になってしまったのです


でも この手術を受けたことにより、もし将来 ねぇちゃん
子宝に恵まれた時、出産は 基本的に帝王切開となるのです
経膣分娩の希望を受け入れてる病院も稀にありますが… 高リスク )

ちゃんの大きさや 執刀医によって、傷の大きさに差はありますが
頭を出してあげることを考えると… 13cmにはなるとか…

ただでさえ 出産は命がけなのに、術後のことを思うと 恐いなぁ

今ではケロイド化した傷跡より、このことが気になる今日この頃

ちなみに、普段通りの生活は 徐々に取り戻すことが出来て
生理も 最後にリュープリンを投与した3ヶ月後には復活しました


そして、摘出した検体の病理組織診の結果についてですが
筋腫以外にAdenomatoid tumor(アデノマトイド腫瘍)を発見

これは子宮・卵巣などの生殖器に好発する稀な良性腫瘍らしいです

通常なら、術後1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月検診を経て 終了と聞きましたが
この病理検査の結果により、ねぇちゃんは 今も定期的に通院中


毎回 担当Dr.で事前予約を取っているのですが、全国各地から
御産の方… 不妊治療の方… ねぇちゃんみたいな方… etc
とにかく色々な患者さんが来院されているので 常に大混雑

なので、かなりの待ち時間になる日もあるのですが
信頼できるDr.にめぐり会え、こちらの病院を選んで


ココで 面倒くさがりの ねぇちゃんが愛用中の手帳をご紹介

手術する前は、自分の体を気にかけることがなかったので
基礎体温も測らず 通院履歴も特に書き残していませんでした

しかし、手術が決まってからは 未来の何かの時のためにと
日頃の状態や病歴等をまとめておくことにしたのです

で、色々探して見つけたのが10年女性健康手帳

10年手帳

10年分書き込めるし、シンプルなので重宝してます
これで、いざ病院にお世話になる時は 自分自身の説明が出来る

あと、今回の入院で 暇だろうなぁ~と思い持参したデジカメ

何気なく撮っていた画像の数々でしたが、今となってみれば
その時の状況を より分かりやすく記録に残せたので 正解でした


本当は 手術までの過程にある、色々な検査のことだったり…
それがキッカケで 今度は婦人科から消化器内科の受診も勧められたり…
お薬が合わず、アナフィラキシー症状を起こしてしまったことだったり…

書きたいことは たくさんありますが、ブログに詳細を書くとなると
本になりそうなくらい長くなるので ポイントだけアップしました


患部の状態も良くなり、もう何してもという Dr.の言葉を聞いた後
来夢が待ち望んでいた… ねぇちゃんのお腹の上での寝んね が解禁

来夢) ボクの大好きな肉布団… 最高だよ 

160218.jpg

日々の生活や食事管理に気を配り、健康でありたいものです




Posted on 2016/05/28 Sat. 00:00 [edit]

category: 病院

ねぇちゃん、手術をする ④  

―― ③からの続き ――

入院期間中、ママさんは お仕事や来夢のお世話をしながら
毎日必ず お見舞いに来てくれました

たちも 忙しい中、時間を作って わざわざ来てくれて
何だか… 胸がジンとしちゃったのを覚えています


術後の経過は良好で、予定通り12月4日に退院

やっと自宅に帰れる… 来夢に会える… という気持ちで
キャリーに荷物を詰め込み 家路へと向かいました

でも 病室を出る時、何となく後ろ髪を引かれる感じだったなぁ


お家に着くなり、来夢のジャンピングタックルが炸裂

さすがに弱っていた ねぇちゃんは… 吹っ飛んでしまいました
少し力が加わってしまったため、腹部に激痛

退院したとはいえ 術後間もないので、色々と注意事項もあり
普通に日常生活を送るには もう少し時間がかかるのです

来夢を抱っこしたかったけれど、なんせ12kgあるもんだから
数ヶ月はお預けだったんだよね……
踏まれないように細心の注意も払いました


ねぇちゃんは入院前に、退院した時の自分へのご褒美として
大好きな坂角総本舗のさくさく日記を用意してました

1412_1.jpg

久々だったので、いつも以上に噛みしめながら味わったなぁ


後日、退院祝いと称して 家族からもご褒美が

ママさんからは 2種類の華やかで素敵なフラワーアレンジメント
元気なイメージと可愛らしいイメージで 作ってもらったそうです

1412_2.jpg


そして、兄②夫婦からは A5ランクの神戸牛サーロインステーキを
兄①夫婦からはGIOTTO(ジョトォ)のケーキを頂きました

1412_3.jpg

ホッペが落ちそうなくらい、とても美味しかったです

―― ⑤(最終章)へ続く ――




Posted on 2016/05/26 Thu. 19:00 [edit]

category: 病院

ねぇちゃん、手術をする ③  

―― ②からの続き ――

では、肝心の手術について

12月1日の手術当日… ねぇちゃんの順番は番目

来夢のお世話をして、自分の身支度を整えて
満員電車に揺られながら 早朝に駆けつけてくれたママさん

最終的な確認をし、いざ手術台へ

扉の先へ進む ねぇちゃんを、とても不安そうに見送るママさん
大病ではないけれど やはり手術は手術ですから… 心配は付物です

術式 : 腹腔鏡下筋腫核手術
手術時間 : 90分
出血量 : 20ml
検体重量 : 子宮筋腫120g

手術は無事に成功し、ねぇちゃんが麻酔で眠っている間
ママさんは 切除した検体(筋腫)を見せてもらい
執刀医から手術の状況説明を聞いたそうです


一瞬 麻酔から覚めた時は、まだ術後の待機室にいたみたいで
次に目を覚ますと個室にいて、心配そうなママさんのお顔が見えました

来夢が待ってるから帰るように伝えた後、また意識が飛んで…

覚醒したのは夕方頃じゃなかったかなぁ……
意識が朦朧としている中、酸素マスクが邪魔だった記憶あり )

傷とかの痛み以上に、色々な管が入っている違和感だったり
手術台で仰向けになっていることで起きる 腰痛が1番辛かったです

この日は寝たきり状態で、自分で寝返りさえ打てませんでしたが
看護師さんが その都度お世話をしてくれて、本当に感謝でした


そして 翌朝

術後チェックに問題がなかったので、予定通り管を外すことに

残念ながら… 研修医くんが処置をしてくれたので…
ドレーン抜くのハンパじゃない激痛
で、その患部を手でギュ~って強く押すのが また激痛

モジモジしていて、処置前の説明が不十分だったので
ねぇちゃんは 心の準備が全く出来ておらず
いぃっ …… (痛っ)と声を上げてしまいました

でも 体から色々な管が抜け、腰痛も治まり 嘘のようにスッキリ

この時、手術時の状況や 内視鏡で撮影された術前後の体内画像を
経過概要という形でいただき、状態も確認することが出来ました
画像はありますが… 臓器なので掲載は控えたいと思います )


処置の後は、無理をしない程度にリハビリ開始

癒着を防ぐためにも 出来るだけ体を動かした方がイイので
早速 お部屋を出て、病棟の廊下をゆっくりと歩行練習

午後からお食事も普通に頂き、その後シャワーもしました

本当に前日手術をしたのか というくらい、それなりに過ごせて
腹腔鏡手術ってスゴイなぁ~と、医学の進歩と技術に感心


暇が嫌で、活発的にリハビリしていた ねぇちゃんでしたが
看護師さんから優秀ですね~なんて言われちゃいました

あちこち切っているので、患部が痛くないわけではないのですが
少し前に経験した尿管結石の痛みに比べれば… 全然だったのです


ちなみに、傷はお臍・お臍の左下・下腹部の左右2ヶ所で 計4ヶ所

処置としては 下腹部の2ヶ所がテープで、他2ヶ所が縫合です
大変お見苦しいのですが、自分の記録として掲載します )

14123_12.jpg

左) 手術時に炭酸ガスを注入するため、まだ普段以上にお腹ポッコリ
右) 左下腹部の傷は ドレーンを抜いた後の圧迫処置でヒドイ内出血

お臍の形は、以前と比べ 少しだけ変わってしまいましたが…
この歳で 誰かにマジマジと見せるわけでもないので、まぁ~いっか
12月10日の診察時に、4ヶ所の保護ガーゼを外しました )

―― ④へ続く ――




Posted on 2016/05/24 Tue. 19:00 [edit]

category: 病院

プロフィール

最新記事

最新コメント

カレンダー

ランキング

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

ブロとも申請フォーム