FC2ブログ

経過観察の日 - 1  

2019年4月18日(木)のこと

1週間前の12日(金)に、大学病院で
今後の治療方針について お話をした際

( 抗がん剤治療にしても、経過観察にしても )
週1回の通院が必要
地元病院でも同じ治療が対応可
大学病院と地元病院で診療内容を共有

という感じだったので…

車内でキチガイになる 来夢のストレスを考え
できるだけ近い方がイイなぁ~と思い…

今後は 地元病院へ通院し、何かあったり
( 何もなくても相談とか )必要に応じて
大学病院へ行くという形にしてもらいました


そして、この日が その通院日

  3月9日(土)に嘔吐や下痢をして

➡ 3月10日(日)に地元病院を受診し
  一般的な消化器症状の内容だったため
  皮下注射・点滴・投薬で様子を見ることに

  ただ、ねぇちゃんは 何か感じるものがあり
  詳しい検査を希望し、最短日を予約し帰宅

➡ 3月13日(水)お願いした詳しい検査の結果
  まさかの 消化器型リンパ腫 という疑い

  すぐに、大学病院への紹介状をお願いして
  何だかんだと… 怒涛の日々を過ごし…

➡ 4月5日(金)診断が確定し余命は1~2ヶ月


地元の担当医とは お久しぶりの再会

検査結果を聞いた日は ショックが大きすぎて
少し冷静さを欠いてしまったけれど

気持ちを切り替え、色々とお話し出来ました


大学病院から報告を受けているとのことで
一応、状況も確認したりの問診スタート

頑張ったねと お褒めの言葉をかけて頂き
来夢も それに応えて、ヒップアタック

触診の後、超音波検査で腹部の確認

再発や転移は見受けられず 一安心

大学病院に お薬1ヶ月分処方してもらったので
それは続けて、また来週受診する流れで終了


お会計

 再診料
 超音波断層検査

 合計(税込) 2,700円 

これまでが、なかなかの額だったので
問題がない時は 安く済むことに感謝です


お家に帰って、夕飯食べたらグッスリ

20190418_1.jpg

まだ お腹がハゲている来夢なのでした




スポンサーサイト



Posted on 2019/07/24 Wed. 19:30 [edit]

category: 病院

来夢、治療の選択  

2019年4月12日(金)のこと

確定診断を受けてから1週間後の この日

経過観察のチェックと今後の治療について
我が家の考えを伝えるため 大学病院へ

まずは 問診を行い、その後に超音波検査

待合室にあるバルコニーで外を眺めながら
これから伝える内容で 本当にいいのか
自問自答していたのを覚えています

20190412_1.jpg

しばらくして呼ばれ、診察室へ

9日(火)に1度だけ 嘔吐したのですが
再発等なく良好のため、問題ないとのこと


そして、たくさん頭を悩ませて出した選択

 抗がん剤治療は見送る  というお話し

抗がん剤治療をしても、長くは望めないこと
幸いにも、手術で腫瘍が取りきれていて
  現段階では 目に見える病変がないこと
この段階で 抗がん剤治療をしたとしても
  効いてるかどうかの判断が難しいこと
食欲があり、生活も問題なく送れていること

何より思ったのは、抗がん剤治療の副作用で
この元気な状態が一変するリスクを負うより
美味しいもの食べて 好きなように過ごして
生き生きとした日々をキープさせてあげたい

その他、色々なことを踏まえて決めました


実は、家族の中でも 意見が分かれて…

ねぇちゃんと兄②は 抗がん剤治療をする
ママさんと兄①は 抗がん剤治療をしない

最終的には、ねぇちゃんが決めることだけど
家族のことだから みんなの気持ちも聞きました


とにかく考えまくった1週間

抗がん剤治療については

できる治療は全てやりたいと 選択する家族
天命と受け止めて 選択しない家族
小さな子供がいるから 選択しない家族
経済的に(医療費が高額で) 選択できない家族
共働きのため付き添えず 選択できない家族

その家庭ごとに 理由や考えが様々だと聞き
改めて、正解ってないなぁ~と思いました


この時の選択が、後に正しいと思えるのか
後悔となるのかは 誰にも分かりません

でも、来夢を想って出した我が家の結論です

とは言っても… 気持ちは揺れるもので…

先生方は、途中で考えが変わる家庭も多いので
その都度 相談してほしいと言ってくださいました

状況を見ながら、判断していきたいと思います


まだ、便の状態が安定していないこともあり

今後は 抗生剤(フラジール)と整腸剤(ディアバスター)
を服用し、週1回の通院で経過観察をします

20190412_6.jpg


ちなみに、大学病院での検査・入院・手術等に
かかった費用は 598,000円程となりました


ビューンと帰宅後、来夢の夕飯を急いで準備
この日は 少量のドライフードにブッチON

20190412_2.jpg


ヨシと言うまで待ってるよ

20190412_3.jpg


一心不乱に食い尽くしております

20190412_4.jpg


あっという間に完食ペロリンチョ

20190412_5.jpg


こんなに美味しそうに食べるんだよ
食べた後も、もっと欲しい顔するんだよ

元気の源は ウマウマだから…これでいいんだよ

そう思わせてくれるくらい 頑張ってくれてます

未だに、命に限りがあるなんて信じられない

食べれるうちに 美味しいもの色々食べて
お出掛けできるうちに 一緒に楽しもうね


そうそう

お薬もペロっと食べてくれる来夢なのですが
サツマイモに包んで あげることにしました

20190412_7.jpg

通称 : おくすり団子

いつも時間になると、コレもらえるの待ってます


あと、短いスパンで目標を持つよう言われたので
今回はGWを元気に過ごすことを掲げました

早速、連休の予定を考える来夢なのでした



Posted on 2019/06/18 Tue. 20:00 [edit]

category: 病院

来夢、確定診断の時  

2019年4月5日(金)のこと

検査のため、大学病院を訪れたのが 約3週間前

想定外の緊急入院や手術を経て、時は過ぎ
やっと 来夢の確定診断を受ける日がきました

今回は 手術で摘出した腫瘤を検査へ回したので
可能性ではなく、確かな お話が聞けます


来夢) ボク、お留守番したいな …ウトウト

20190405_2.jpg


心の準備と身支度を済ませ… いざ、出発

まずは、問診と経過観察のための簡単な検査

2日と3日に下痢をし、デルクリアーを1/2錠 服用
4日の2:30頃には嘔吐したこと等を伝え… お預け

検査の所要時間は 1時間くらい

ということで、以前 ねぇちゃんが寂しく過ごした
構内にあるレストランへ行き ママさんとランチ


食べ終えた頃、ちょうど時間になり待合室へ

少しして呼ばれ… ハッスル来夢と再会

この日の定期検査では、再発や転移等なく良好

下痢は フードを変えたりしてた影響と思われ
病気が悪さして起きたわけではないとのこと


続いて、本題である 確定診断についてのお話

 病名は 消化器型リンパ腫 で確定


 リンパ腫とは 
 
リンパ球という体の中の免疫細胞が腫瘍化したもの
リンパ球は もともと体中を巡っている細胞なので
リンパ腫は 体の中のどこにでも発生しうる腫瘍

また、1ヶ所にリンパ腫が発生した場合であっても
発見された時点では 全身性に細胞が回っている状態


 種類と割合と症状 
20190405_3.png


さらに大細胞という高グレードであると判明

簡単に言うと… 悪性度が非常に高い癌細胞が
リンパを通して全身にめぐっている状態です


手術して、今は目に見える腫瘍がなくなったけど
細胞レベルで 来夢の体は病魔に冒されている

いつ再発や転移が起きても、おかしくない病気

そのスピードは かなり早いのが特徴のようで
元気に過ごせていても、あっという間に蝕まれ
現代の動物医療では… 明確な治療法がないという

これが、来夢に下された診断となりました


分かっていたけれど… 改めて突きつけられると
不覚にも 先生方の前で涙してしまいました


次に、今後の治療方針についてのお話

選択肢としては

抗がん剤治療(化学療法)を する or しない

する を選択しても、しない を選択しても
その先には 色々な選択が枝分かれしてます

20190405_1.jpg


治る希望が持てるなら、やるべきだと思う

でもね、そうではないから… どちらかというと
延命治療というイメージになってしまうのかな

簡単に決められないので、その場で結論出せず

1週間後に、また経過観察で病院へ行くため
我が家の方針は それまでにまとめると答えました


そして、余命についてのお話

腫瘍を専門としている 内科の担当医が
何千と診てきた経験や知識に基づく説明として

来夢と同じ 消化器型 のケースだと

(抗がん剤治療) しない場合 ➡ 1ヶ月程度

(抗がん剤治療) した場合  ➡ 平均 2ヶ月

ただ、抗がん剤治療をしたとしても
 1ヶ月 生きられなかったコもいれば
 長くて6ヶ月 生きられたコもいたそう


型が違えば、年単位で生きられるコがいるのに
残念というか 何というか… ショックですね

余命のカウントは 診断を受けた日(4月5日)から

地元病院で色々聞いてたし、自分でも調べたので
気持ちは整理できてたけど… やっぱツライね


帰りの車中、ねぇちゃんは運転中にも関わらず
時折 涙で視界が悪くなったのを覚えています

また、正解のない選択を考える日々

泣かない日は来るのだろうか と思うほど
一人隠れてメソメソして 顔がムクムクに

再び、厳しい現実を受け止める1日でした




Posted on 2019/05/14 Tue. 20:15 [edit]

category: 病院

急遽、大学病院へ  

2019年4月1日(月)のこと

退院して、順調な日々を送っている来夢

ウェットフード(療養食)をあげているので
便は 緩い感じですが、食欲も目力も◎

ただ、ドレーンを抜いた後の傷口付近が膨れ
何か溜まっているのか… 化膿でもしているのか…

少しだけ 元気がなさそうに見える時もあり
大学病院へ連絡し、状況を伝えてみたところ
診て確認したいとのことで… 急遽 病院へ

来夢) 今日、行く予定なかったじゃん

20190401_1.jpg

5日まで 放置するわけにいかないでしょ


そんなこんなで、ビューンと車を走らせ到着
初めて来た時(18年前)から 変わらぬ外観

20190401_2.jpg


新年度の初日で、予約を受けていないせいか
院内は閑散としており 寂しいくらい静か

で、すぐに診察室に呼ばれ問診を受けて
簡単な検査のため しばし来夢をお預け


ママさんと一緒に ワンコの系統図を見ながら
やっぱり、パグは狼に近いんだねって

20190401_3.jpg

ちなみに、よく間違われるフレブルさん
ブルドッグさんなんかは 右下の離れたエリア


そうこうしていたら、先生が待合室に現れて

炎症は起きていないので大丈夫という説明と
傷口も問題ないので抜糸もできるとの提案

えっ 5日の予定だったのに大丈夫なの

状態的にもよいし、余程のことがなければ
まず開くことはないというお話だったのと
来夢的にも スッキリしてよいかと思い了承

急遽、この日 抜糸をすることになりました


検査と処置を終え、ビューンと車を走らせ帰宅
問題ないどころか 抜糸も終わってよかったね

来夢) 今日やるって聞いてないよ

20190401_4.jpg

色々と不満そうにしておりましたが…

夕食をウマウマしたら 一瞬で機嫌も直り
その後は、気持ち良さそうに夢の中へ


 腹部の傷跡について 

手術の傷が12cm程で ステープル9針
ドレーンの傷が1cm程で ステープル1針
デキモノを切除した傷が1cm程で 糸1針

20190401_5.jpg

抜糸して間もないので、痛々しいけれど
この傷は 徐々に馴染んでいくと思われます

そうそう
来夢のトレードマークだったでべそですが
今回の手術により、なくなってしまいました


次は、5日(金)に確定診断の説明を受けに

お腹に頑張った証が目立つ来夢なのでした




Posted on 2019/05/03 Fri. 19:30 [edit]

category: 病院

来夢、退院の時  

2019年3月28日(木)のこと

待ちに待った、退院の日がやってきました

CT検査に行って… そのまま緊急入院となって…
手術をして… 9日ぶりに我が家へ帰ってくる来夢

少しでも様子を見たくて 毎日お見舞に行ったけど
こんなに離れたことなかったので、長かったよ

やっと頑張ったねと、誉めてあげられる


まだ、元気だった頃の食事や量は難しいのと
しばらくは 腸に負担をかけないようにして
激ヤセした身体をできるだけ元に戻せるように

少量でも高カロリーの ウェットな療養食を準備

落ち着いた頃に、参考にできたらと思って
食事療法的な感じの本も購入してみました

20190328_1.jpg


迎える準備も万端なので、いざ 大学病院へ

久々すぎて 忘れられてたらどうしよう
そんな会話をしながら、ついに再会の時

来夢は 一瞬フリーズした後… 超ハッスル

ママさんは なだめるため診察室を出て
ねぇちゃんは 今後のことを先生とお話

順調にいけば、4月5日(金)に抜糸予定で
その時に 検査結果も出て確定診断となるそう


一山越えてくれた来夢と 帰宅の途へ

20190328_2.jpg


心も体も疲れきった様子で 夢の中へ

20190328_3.jpg

到着後、久々のお家に 何となく戸惑いながら
よそよそしい感じでウロウロしていました


で、ちょうど夕飯の時間になったので
準備していた療養食をあげてみることに

ロイヤルカナン の 退院サポート

躊躇なく、一心不乱にウマウマです

20190328_4.jpg

術後ケアしてくださった先生方のお話でも
しっかり食べ、しっかり歩く優等生だって

好き嫌いなく食べてくれるので、有り難い

まだまだ元気に生きたいって証だよね
しっかり栄養摂取して 健康を取り戻そう


その後は、ねぇちゃんのカホリがするお布団で
横になったり 寛ぐ場面も見られました

20190328_5.jpg

深夜は 何度も起きて落ち着かなかったり
喘息のような呼吸が気になったけれど…

翌日には 普段通りになったので良かった


実は、退院祝いにプレゼント用意したのですが
お疲れモードだったので 後日渡すことに

来夢の弟になるすだちくんです

20190328_6.jpg

病気を知る前、弟(パグ)を迎えることを
考えてた時期があり 名前も決めてたりして

叶わぬ夢になったけど、このコでもイイよね


 術後説明を受けた時のこと 

手術は予定通りの内容で、摘出した腸が 15cm程
腫瘍は取り切れていて 周辺臓器への転移もなし
画像ありますが 掲載は控えたいと思います )

リンパ節が少し腫れていたものの、順調だったそう

すでに 詳しい検査へ回し、結果は後日だけど
スタンプをやったら リンパ腫と出ていた
という話を聞き、また谷底に落とされた気分に

もちろん、全ての結果が出るまで確定ではなく
リンパ腫の 可能性が高い としか言えない状況

他の診断になる可能性も ゼロではないとのこと

わずかでも 望みがあると頭を切り替えて
前向きに、また平穏な日常を取り戻すのでした



Posted on 2019/04/24 Wed. 19:00 [edit]

category: 病院

プロフィール

最新記事

最新コメント

カレンダー

ランキング

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

ブロとも申請フォーム